エッグスムージー

皆さんはエッグスムージーをご存じでしょうか?スムージーは今流行のドリンクですが、美容に敏感な人はエッグスムージーを飲んでいるそうです。卵には栄養素であるレシチン、ビタミンEの肌を若返らせる成分が豊富で美容にはかかせないものであると言えますね。

美容室にいく前に知りたいヘアカラーの薬事法上の分類

近年は様々なヘアカラーがあります。
美容室や自宅で髪の毛を染めるときは種類や特徴に注目すると自分にあった方法が見つかることがあります。

カラースプレーやカラーワックスなどのヘアカラーは顔料が成分になっています。
薬事法で分類すると化粧品の扱いになります。
他にはカラームースやカラーパウダーなどもあります。
髪の表面に着色成分を一時的に付けて白髪を黒く染めたり、明るく染まった髪を黒くすることができます。
染める日だけ髪色を変えたいときにTPOに合わせて簡単に時間をかけずに染められるので便利なのが特徴です。
髪を一回シャンプーするだけですぐに落とすことができる事ができます。
ただし長時間染めたい場合はむいていませんし、服などに付いてしまいやすいデメリットもあります。

一回のシャンプーでは落ちませんが、徐々に落ちるヘアカラーとしてカラーリンスやカラートリートメントがあります。
酸性染料が成分になっていて、薬事法で分類すると化粧品の扱いになります。
酸性カラーのヘアマニキュアなどもあります。
髪の表面だけでなく髪の内部にも少し成分が浸透しますが、毎日のシャンプーで徐々に色落ちしていきます。
髪の色を脱色する効果はないために髪色を明るくさせることはできないデメリットがあります。
しかし髪が傷むことはほとんどなく、ツヤを出すこともできます。
白髪を染めたいけど髪のダメージが気になるときに使うと便利です。

美容室に置いてあるような一般的なヘアカラーや市販のヘアカラーは長い期間、毛を染める効果が続きます。
美容室に置いてあるヘアカラーは酸化染料が成分になっていて、薬事法で分類すると医薬部外品の扱いになります。
髪を染める成分が髪の内部まで浸透するのでしっかり染まります。
髪の色を脱色する効果もあるので明るさや色彩も自由自在です。
しかし髪が傷みやすいデメリットもあります。